健康経営とは?

健康経営とは「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との 基盤に立って、健康を経営的視点から考え、戦略的に実践することを意味しています。

今後は、「人という資源を資本化し、企業が成長することで、社会の発展に寄与すること」が、これからの企業経 営にとってますます重要になっていくものと考えられます。

「健康経営優良法人2022」中小規模法人部門(ブライト500)に認定されました

弊社は、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2022」(中小規模法人部門、通称ブライド500)に2022年3月9日認定されました。弊社の、健康経営優良法人認定は「健康経営優良法人2019」「健康経営優良法人2020」「健康経営優良法人2021」に続き、4年連続の認定です。

「健康経営優良法人認定制度」とは、経済産業省と日本健康会議が共同で、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度で、また、ブライト500とは今期から始まった制度でその中の上位500社に与えられる称号です。

健康経営優良法人認定制度とは?

私どもは、今まで「身の丈に合った健康経営」を実施することを信条に、長続きすることを大切に取り組みを行ってきました。今後はこのブライト500の認定を機に、安全と健康第一主義を貫き通す企業であり続けたいと思います。

●実施の目的

従業員の心身の健やかさを土台とした安心安全の実現

●方針

「身の丈にあった健康経営の実施」
「楽しく取り組む」

●体制

社長直轄の健康づくり推進室を設置し、事業所毎に担当者を任命
鹿児島健康経営アドバイザー協会と連携し定期的にミーティングを実施 

●目標

運動を実施する従業員の割合を20%から50%まで引き上げる 

●取り組み

  • 年一回の従業員アンケートで、生活習慣に関する現状を把握
  • 年二回のストレスチェックテスト・専門家によるカウンセリングの実施
  • 生活習慣病発症メカニズムセミナーの実施
  • 食生活改善セミナーの実施
  • 日々のラジオ体操をしっかり運動にするためのレクチャーと動画情報提供
  • 協会けんぽと連携し、社員一人一人の課題解決の取り組みを強化
  • 健康経営的社内リクリエーションにて脱出ゲームとヨガ教室を実施 

●結果

チームワークの大事さに気づき、社内のコミュニケーションが円滑になりました。
また、日々の食事や飲み物の選択が健康づくりをふまえたものになったようです。

●健康経営的社内レクリエーションに参加した社員の感想

  • ヨガも初体験でよかったでした。
  • 非日常を感じて、心も体もリフレッシュされた気分となった。軽い運動は継続してやって行きたいと思う。
  • ヨガをして体がゆっくりできた。良かったです。
  • ゲームは緊張しましたが無事成功して良かったです。ヨガは楽しかった。リラックスできた。またレクレーションをやりたいなと思った!
  • 普段できない体験ができて良かったです。ありがとうございました。
  • 楽しく今後やってみようと思いました。
  • クイズは面白かったです。また実施してください。
  • クイズの企画やヨガなど普段やれないことをやれて良かった。
  • とても楽しくストレス発散にもなり良かったです。人との出逢いに感謝したいと思います。
  • 頭のトレーニングと全身のリラックスになりました。
  • もっと頭をやわらかくしないといけなかなと思いました。ヨガもスッキリして良かったと思います。
  • 社員どうしでやるのがなかったので、とても良かった。
  • 今日はとても良い体験ができました家に帰ってやりたいと思います。ありがとう。
  • ゲームもヨガも思っていたより楽しかったです。
  • 楽しかったです。
  • かんたんなストレッチで体が楽になった。できる事から続けたい。
  • 自宅で家内と取り組みたい。
  • 体がスッキリしました!
  • とても気持ち良かったです。
  • 第一部は楽しいなぞときで楽しめました。とけたときはスッキリできました。第二部のヨガは、気持ちの良いストレッチでリラックスできました。ぜひ家でもやりたいです。

健康企業宣言

当社では、協会けんぽ鹿児島の「健康企業宣言」に取り組み、全従業員が心身ともに健康で働き続けることができる会社を目指しています。